無理なく働き続けるには?

看護師の仕事は、女性の仕事としては体力的な要求が大きいのが特徴です。建築業や清掃業などのように、体力的な要求が大きい仕事の大半は昔から男性が担うという傾向がありましたが、看護師の働く医療や介護の現場はその例外的な職場として女性も活躍しています。

若くてまだエネルギーのあるうちは体力の限界も感じずに充実した日々を送れていても、年齢を重ねるごとにつらくなってきてしまいがちです。
また、家事や育児を担うようになるとさらに体力的要求が大きくなって体力の限界を感じてしまう人が多いのが実情です。

そんな中、家事や育児と看護師の仕事を両立させることは職場の選び方次第で可能になります。看護師の人材は常に不足している状況が続いているため、勤務条件が緩和された中途採用の求人が多数あります。勤務時間を極力短くすることによって体力的負担を軽減するのは最も単純な方法でしょう。あるいは仕事内容を変えて、体力的負担の大きな労働量が少ない現場を選ぶのも良い方法です。
医療や介護の現場では大半が体力を要求されますが、看護師として一般企業で勤めたり保健師になったりすると状況が一転して体力的な負担も軽減されます。企業でも看護師資格を有している女性が求められていることが多く、女性の仕事が豊富に見つけられます。

このような点に着目して自分の体力の限界に達してしまわないように職場を選ぶのが、仕事を続けていくために大切です。自身の身体の声を無視したまま働いてしまうと、いつか病気になってしまうことも考えられます。じわじわと身体を壊さないためにも、仕事で無理なく働く基本を押さえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です